【小学4年生】「いつもサッカーを見学している主人もかなり効果を実感しているみたいです」というY君(10歳)の変化。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・四ツ橋 子どものサッカー専門パーソナルトレーニングLograr(ログラル)の相良です。

今回は、出張個別レッスンを受けていただいている小学4年生(10歳)Y君の変化の一例を紹介します。

 

Y君は、

「足のケガが治って復帰できたものの、復帰してから得意なプレーができていない」

と悩んでいるときに出張個別レッスンにお越しくださいました。

具体的には、縦へのドリブル突破やカットインするドリブル、ドリブルしてからのシュートなどの今まで出来ていた動きがケガをしてから思うようにできていないということでした。

 

当初のY君は、背中や脇腹が固く、身体を動かすときも上半身があまり動いていないような感じだったので、出張個別レッスンでは上半身を自由に動かすトレーニングをしたり、サッカーのプレー中に身体がしなやかに動くように対人スキルを高めるトレーニングなどを実施しています。

初回レッスン以降は、お母さんの声かけもありながら個別レッスンで実施したトレーニングなどを自宅でするようになったそうで、

先日、2回目の出張レッスンを実施しましたが、少しずつ身体の変化やプレーでの変化を実感されており、

上半身は、かなり柔らかくなってきました。

あと、ディフェンス時のリラックス!一発で抜かれづらいリラックスみたいなのを前回お話しされていたかと思いますが、その意味が最近だんだんわかってきたようで、また色々教えていただけると有り難いです😊

 

先日の試合ビデオみると、相良トレーナーに教わった縦突破を3、4回トライしてました😊まさに肩をうまく動かして😭

レッスン中にもお伝えしてもらったように息子は、動物的にインプットさせるのが向いているみたいです🤣

実はいつもサッカーを見学している主人は、かなり効果を実感しているみたいです。

なんとも野生的で美しくは無いのですが、縦に突破する機会が相良トレーナーのトレーニングのおかげで身につきました!

またコーチがトライするたびに褒めてくれることも息子の成長に繋がっています😊

と、変化を感じているということを言っていただきました。

初回レッスン前は、「ケガをして一気に走れなくなったこともあって、得意だった縦突破をせずパスをすることが増えている感じがする」と仰っておりましたが、

縦突破にトライする機会を増やすことができ、チャレンジする姿勢を取り戻せて嬉しい限りです。

そして、身体の変化だけでなくプレーの変化を実感していただけて何よりです。

 

スタジオに来る子や出張レッスンに来る子から、⁡「ケガから復帰したものの思うようなプレーができていない…」という相談を受けることはよくありますが、

身体の動かし方やぎこちなくなっている動きをスムーズにすることで、プレー中の動きの固さが改善されて「プレーの動きが変わった」「以前よりも動きがスムーズになってプレーしているときの姿勢が良くなった」という変化を感じられる方は多くいます。

 

この記事を読んでいる方も、お子さんがケガをしてから思うようにプレーができていないと悩んでいないでしょうか。

身体の動かし方が少し変わることで、プレー中の動きもスムーズになってプレーする姿が変わっていくこともあります。

当初のY君と同じような悩みを抱えているという方はログラルの個別レッスンが1つのきっかけになると思いますので、是非スタジオにお越しください。

 

相良郁実

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。