【小学4年生】「この3ヶ月で本当に成長したなと感じています。」というY君の変化。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・四ツ橋 子どものサッカー専門パーソナルトレーニングLograr(ログラル)の相良です。

今回は、出張個別レッスンを受けていただいている小学4年生(10歳)Y君の変化の一例を紹介します。

 

Y君は、

「ケガの復帰してから得意なプレーができておらず、短時間の練習でもふくらはぎや足裏がすぐに疲れてプレーに集中できない」

と悩んでいるときに出張個別レッスンにお越しくださいました。

具体的には、縦へのドリブル突破やカットインするドリブル、ドリブルしてからのシュートなどの、今まで出来ていた動きがケガをしてから思うようにできていないということでした。

当初のY君は、背中や脇腹が固く、身体を動かすときも上半身があまり動いていないような感じだったので、出張個別レッスンでは上半身を自由に動かすトレーニングをしたり、サッカーのプレー中に身体がしなやかに動くように対人スキルを高めるトレーニングなどを実施しています。

 

初回レッスン以降は、お母さんの声かけもありながら個別レッスンで実施したトレーニングなどを自宅でするようになったそうで、

先日、4回目の出張レッスンを実施しましたが、身体の変化やプレーでの変化を実感されており、

Y君本人が感じる変化

調子は結構良い!
足が痛いという日がほとんどないし、前みたいに疲れもそこまで溜まらない。

縦の突破が前よりも少し楽になって、シュートが少し強くなって遠くに飛ばせることが増えた。

守備のときに相手の動きを見れるようになってきたのと、相手の前に入るのが少し上手くなってきたと思う。

保護者の方が感じる変化

チームの子は体力あるので、息子は疲労早めに来ちゃうけど最後まで走れてきているし、「足が疲れたからマッサージして」と言うことも少なくなりました。

縦突破が動的にできるようになったと思うのと、クロスを逆足でも上げられるようになっています☺️

課題でもありますけど守備で距離感を意識するようになってから、少しずつ相手を止められるようになったと思います。

この3ヶ月で本当に成長したなと感じています。

私もびっくりするくらい頑張っていると思います☺️

と、変化を感じているということを言っていただきました。

足の疲れやすさだけでなくプレーでの変化を継続して実感していただけて嬉しい限りです。

 

この記事を読んでいる方も、お子さんがケガをしてから思うようにプレーができていないと悩んでいないでしょうか。

スタジオに来る子や出張レッスンに来る子から、「ケガから復帰したものの思うようなプレーができていない…」という相談を受けることはよくありますが、

身体の動かし方やぎこちなくなっている動きをスムーズにすることで、プレー中の動きの固さが改善されて、プレーの調子を取り戻す子は多くいます。

 

当スタジオに通っていただいている方からも、

「すごく疲れている日でも足が痛いと言わなくなりました!」

「プレーしているときの姿勢や走り方が変わって動きがスムーズになった」

というお声を数多くいただくので、

当初のY君と同じように、ケガの復帰してから得意なプレーができていないと悩んでいたり、短時間の練習でもふくらはぎや足裏がすぐに疲れてプレーに集中できないと悩んでいるのであれば、ログラルの個別レッスンが1つのきっかけになると思いますので是非スタジオにお越しください。

相良郁実

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。