【中学1年生】「キックの威力が弱くプレーが消極的になっていた」という中学1年生(13歳)R君の変化

お客様の変化

こんにちは。
大阪・四ツ橋 子どものサッカー専門パーソナルトレーニングLograr(ログラル)の相良です。

今回は、インサイドキックが強く蹴れないという中学1年生(13歳)R君の個別レッスン1ヶ月後の変化をご紹介します。

 

R君は、小柄でキック力が弱いということに悩んでおられました。

特にインサイドキックでパスをするときに「ここでパスが通ればチャンスになる」というようなシーンでも、キックの威力が弱く相手にボールを取られることがありプレーが消極的になっていたそうです。

実際にインサイドキックでのパスを何度か実施してもらい身体の動きをチェックすると、手首や肩に力が入りすぎて全身を使ってボールを蹴ることができず結果的にパスの威力が弱くなっている状態でした。

スタジオの個別レッスンでは、肩の力が自然と抜けるようなアドバイスとストレッチをお伝えし再度インサイドキックでのパスをしてもらうと、本人や保護者の方が見ても明らかにキックフォームが安定し、力強いインサイドキックのパスが蹴れるようになっていました。

 

1ヶ月後

個別レッスンでこのような変化を実感されていた1ヶ月後のレッスンで、その後キック力やパススピードがどのような感覚かR君に聞いたところ、

「パススピードは上がってロングキックもかなり蹴れるようになってきたけど、動いているボールをインサイドパスするときに少し威力が弱くなってしまう」

ということでした。

1ヶ月前からパススピードやキック力が良くなっていると本人も保護者の方も感じられていたので、個別レッスンでは動いているボールに対しても力まずにボールを蹴るためのアドバイスとトレーニングをしたところ、トラップしてからの動きがスムーズになり、動いているボールを蹴ったときもスピード感のあるパスを蹴れるようになっていました。

 

「体格が小柄で筋力がないことが原因かと思っていました」とR君のお父さんが話しておりましたが、肩や手首に力が入る癖を改善して全身を使ってボールを蹴れるようになるだけでもキックフォームが安定しパスやシュートのパワーが上がることも多くあります。

またそのような変化を通してR君が、

「少し長い距離でもスルーパスを狙うことが増えた」「今までは見えていたけどパスを出せなかったところでパスを出すことができた」

ということを話しており、プレーに積極性が出てきているという変化を実感されていたことが何より嬉しかったです。

R君と同じように、小柄でパスやシュートなどのキック力が弱く試合中のプレーが消極的になってしまっている方は是非一度ログラルの個別レッスンにお越しください。

 

トレーニングジムは毎週通わないといけないと思っている方も多いですが、当スタジオに通っている子どもは基本的に月1〜2回のペースで個別レッスンを受けることで身体の動きだけでなくプレーの変化を実感されています。

岡山、愛知、東京には毎月出張しておりますので、定期的に個別レッスンを受けたいという方は遠方にお住まいでも是非ご連絡下さい。

 

相良郁実

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。