【小学3年生】「動きのぎこちなさもだいぶ良くなっていて動きが全然違うように見える」というY君(9歳)の変化。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・四ツ橋 子どものサッカー専門パーソナルトレーニングLograr(ログラル)の相良です。

今回は、個別レッスンを受けている小学3年生(8歳)Y君の変化の一例を紹介します。

Y君は、「身体の力みや動きがぎこちないところを改善したい」ということで初回レッスンにお越しくださってから、3週間に1回のペースでスタジオに足を運んでいただいております。

現在、初回レッスンから4ヶ月が経ちますが身体の動きやプレーの変化を保護者の方も実感されているようで、

動きのぎこちなさもだいぶ良くなっていて、以前と比べても別人みたいに動きが全然違うように見えます。

あまり本人の前で言いたくないですが、2日前の練習でも圧倒していたと思います。

守備でガツガツ行けるようになって、追いかけることがすごくできるようになりました。

攻撃のときも突破できるようになって、緩急もつけられるようになって対人でも負けていなかったです。

1対1のドリブルで何かしようとしすぎると少し力む感じはありますが、2日前の練習では姿勢も良くドリブルできていて迫力もありました。

シュートも右足良くなっていて、左足も開いてしまう癖はあるものの良くはなっていると思います。

という変化を実感していると、今月のレッスン時にも話してくださいました。

身体の動きが少しずつ良くなってきていることが、サッカーのプレー面でも活かされてきているようで何よりです。

 

当初のY君は、上半身の動きが固く、目線が下がりやすくなって結果的に力んでプレーしてしまっている状態だったので、スタジオの個別レッスンでは上半身を自由に動かすためのストレッチやトレーニングを様々な形で実施しています。

1対1のドリブル練習で何かしようとしたときに力が入る感じはするものの、動きのぎこちなさが少しずつ改善されていることを実感されていてよかったです。

 

「肩に力が入って動きがぎこちない・・・」という相談を受けることは多いですが、身体の動かし方や動きの癖を改善していくことで、プレーしているときの身体の動きがスムーズになり、ボールコントロールやドリブル、ターンなどのプレーが今よりもスムーズに試合で発揮できるようになることは多々あります。

柔軟性や身体の動かし方を改善することでプレーの悩みが改善されていく子も多いので、当初のY君のように「身体の力みや動きがぎこちないところを改善したい」という方はログラルの個別レッスンが1つのきっかけになると思いますので是非スタジオにお越しください。

 

相良郁実

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。