【中学1年生】「ここに通うようになってから本当に動きが変わって、プレー中の動きも姿勢も良くなっています。」という中学1年生(13歳)Nちゃんの変化。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・四ツ橋 子どものサッカー専門パーソナルトレーニングLograr(ログラル)の相良です。

今回は、個別レッスンを受けている中学1年生(13歳)サッカー少女Nちゃんの変化の一例を紹介します。

 

Nちゃんは、

「プレー中の姿勢や力みを改善して瞬発力のある動きを身につけたい」

というということで初回レッスンに申込みいただき、それから3週間に1回のペースでスタジオに足を運んでいただいております。

レッスンを開始した当初は、背中が固まっていることが影響して姿勢が丸くなり、肩に力が入ってしまってプレーしているときの動きが遅くなっている状態だったので、背中の柔軟性を改善するストレッチや上半身をスムーズに動かすためのトレーニングなどを個別レッスンではお伝えしています。

「背中などの上半身を柔らかく動かせるようになればプレー中の姿勢も良くなってもっと自由にプレーできるようになるよ」ということをサッカーの映像を見せながら本人にアドバイスさせていただいてから、自宅でもスタジオでお伝えしたストレッチやトレーニングを自ら取り組むようになったそうです。

 

現在、初回レッスンから3ヶ月が経ちますが身体の動きやプレーの変化を保護者の方も実感されており、

ここに通うようになってから本当に動きが変わって、プレー中の動きも姿勢も良くなっています。

試合になると、緊張で肩がすくんで自分を出しきれていないところも多かったんですけど、動きが良くなったことが自信になったのか試合でも自信を持ってプレーしているように親から見ても思います。

こんなに良くなると思わなかったんですけど、本当にレッスンをお願いしてよかったです。

ということを、レッスンの際にNちゃんのお母さんから言っていただきました。

スタジオの個別レッスンをきっかけにNちゃんがストレッチやトレーニングを実施するようになって、柔軟性や姿勢の変化だけでなくプレー面での変化を感じられているようで嬉しい限りです。

 

実際のプレー面では、

1番変わっているのは姿勢が良くなっていることです。以前よりも、普段もプレー中も姿勢が良くなっているように思うしプレーしているときに肩が動いているような気がしています。

プレーしているときにも、気持ちよく動けていることがメンタル的にも良いのか、ずっと足を動かせていて、試合中ずっと走れているし、走るスピードや瞬発力も上がっているし、ボールもキープできるようになってきています。

と、変化していることをNちゃん本人は少し照れながら、お母さんはすごく嬉しそうに話してくれます(笑)

 

ストレッチというと怪我を防ぐためのものとして一般的には広がっておりますが、当スタジオでは「サッカーのプレーをよりやりやすくするために必要なこと」として指導しているので、身体の動きが変わることでプレーの動きが変化を実感することができます。

身体の動かし方や動きの癖を改善していくことで、ボールコントロールやドリブル、ターンなどの技術がより発揮しやすくなることも多々ありますので、当初のNちゃんのように、プレー中の姿勢や体全身に力が入ってしまっているということを改善したいという方はログラルの個別レッスンが1つのきっかけになると思いますので是非スタジオにお越しください。

 

相良郁実

 

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。