【小学5年生】身体が硬くプレーしているときの動きがワンテンポ遅いというH君(10歳)の変化

お客様の変化

こんにちは。
大阪・四ツ橋 子どものサッカー専門パーソナルトレーニングLograr(ログラル)の相良です。

今回は、個別レッスンを受けている子どもの変化の一例をご紹介します。

関西在住の小学5年生(10歳)H君の紹介です。

H君はゴールキーパーをしており、「身体が硬くプレーしているときの動きがワンテンポ遅い」というような悩みがあったそうです。

ゴールキーパーでボールに反応した後の動きのテンポが遅くなるとそのまま失点をしてしまう可能性もあるので、何か改善する方法はないかと模索している中、当スタジオのことを知っていただき初回レッスンにお越しくださいました。

早速、柔軟性や身体の動かし方をチェックすると特に背中が硬くなっており股関節や骨盤なども動かしづらい状態となっていました。

背中が硬いとボールへの反応や、動きのテンポが遅くなる要因となるので、個別レッスンでは背中と股関節周りを中心に動かすストレッチやトレーニングを実施させていただきました。

ご自宅からの距離が遠く定期的にスタジオまで通えないということでしたが是非継続したいということだったので、初回レッスン以降は1回60分のオンラインでの個別レッスンを月1回ぐらいのペースで定期的に受けていただいております。

 

H君は初回レッスンから柔軟性を高めるストレッチやトレーニングを毎日するようになったそうで、プレーでも変化を実感できるようになったそうなので、H君のお母さんから頂いた感想を一部ご紹介します。

初回レッスン後の感想

今日は、ありがとうございました!やっぱり行って良かったです🙇‍♀️

身体の使い方でパフォーマンス能力も変わるとは思っていたので、これからコツコツとやっていきたいと思います!

まずは、今日教えていただいたことをやっていき、出来てきたらまたステップアップしていきたいと思います🙇‍♀️✨

トレーニングから4ヶ月後の感想

先日、試合がありフィールドプレーヤーの力も大きくありますが息子も沢山の危機をセービングすることが出来ました😂✨特に後半10分は、ほぼ攻められていた状態でしたが、なんとか無失点のまま同点で終わること出来ました🙇‍♀️

明らかに半年前とは、カラダの使い方やボールに対する反応が変わっていることを実感できました!ゴールキーパーとしての使命を果たせていることが、親としても本当に嬉しかったです😂🙌明らかにプレーが変わってきていて嬉しいです😂

初回レッスンでは全くできなかった動きもオンラインレッスンを重ねていくうちにできるようになっておりましたが、身体の変化だけでなくプレー面での変化を実感されていて嬉しい限りです。

 

この記事を読んでいるあなたも、「身体が硬く動きがワンテンポ遅れる」ということを感じているものの、どう改善すればいいか分からず悩んでいるのではないでしょうか?

H君のように、背中周りが動くようになるとボールへの反応速度が変わり、スピード感のある動きが発揮しやすくなるので、サッカーのプレーでの変化を実感できるようになることも多いです。

 

H君と同じように、お子さんの身体の硬さがプレーに影響している気がするという方や動きがワンテンポ遅く悩んでいるという方は是非ログラルの個別レッスンにお越しください。

身体が硬くストレッチが苦手という子どもでも、個々のレベルに合わせたレッスンを行っておりますので是非お問合せください。

 

相良郁実

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。