【小学6年生】「膝も良くなっていて正座しても全然痛くないし、プレーしているときの動きも良くなっている!」というR君(12歳)の変化。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・四ツ橋 子どものサッカー専門パーソナルトレーニングLograr(ログラル)の相良です。

今回は、個別レッスンを受けている小学6年生(12歳)R君の変化の一例を紹介します。

 

R君は、約3ヶ月前に「今年に入り膝やかかと痛みがあり思いきりプレーもできていない」ということで初回レッスンを受けにスタジオまでお越しくださいました。

詳しくお話を聞くと、サッカーをしていると急に膝が痛くなり、そこから試合中や試合後にも痛みが出るようになって、「いざというときに足がついていかない」「ワンテンポ動きが遅くなってガツっといけない」というようなシーンが増えたそうで、

近くの整骨院に通って少し痛みが改善されたものの、サッカーをすると痛みが出る状態が続いており、「1ヶ月以上思うようにプレーができず燻っている状態なんです」と話しておられました。

 

柔軟性や身体の動かし方をチェックすると、上半身が固くなって足の付け根が動かしづらくなり、結果的に膝やかかとに負担が集中している状態だったので、個別レッスンでは背中や胸周りなどの上半身を動かすトレーニングを実施しています。

初回レッスンで、身体の動かしやすさや膝の痛みの変化を実感していただき、それ以降は2~3週間に1回のペースで定期的にレッスンを受けていただいております。

「トレーニングして2日後からかなり痛みがましになって、練習後や試合後の痛みも軽くなっている!」と、R君自身もサッカーしたときの痛みの変化や動きやすさを実感しており、

 

現在、個別レッスンを始めて3ヶ月ですが、

調子は良いです!

膝も良くなっていて正座しても全然痛くないし、サッカーしてもあんまり痛くならないし、プレーしているときも結構動けてる!

苦手やったヘディングで得点も決めれるようになったり、相手が強いとことやってもボールを簡単に奪われないし、セレクションのときも肩をスッと入れられてボールを奪えるようになった!

前までは足が痛くてボールが飛ばなかったが、ロングキックも飛ぶようになってきたし、少し足が速くなった☺️

苦手なヘディングで得点を決められるということを僕に伝えてくれたときには、めちゃくちゃ嬉しそうに、そのときの詳しい状況やポジショニングを解説して教えてくれました(笑)

痛みがあって思うようなプレーができない時期や、痛みが改善されているなか休むことができず膝の痛みが少し出るようになる時期、色々なことが重なってサッカーへの気持ちを失いかけた期間も一緒に過ごしていたので、ケガしたことをきっかけに痛みなくプレーできるようになるだけでなく、苦手だったプレーができるようになったと笑顔で報告してくれて僕自身すごく嬉しかったです。

 

先日のトレーニング後には、

今日もありがとうございました❕

痛みも落ち着いてきた印象で、トレーニングもより深くできるようになり。本人も充実していたようでした!

また、話すことによって。色々と整理もできており。ありがたい時間と感じています。

本人はいつも言っておりますが。

「相良コーチは話しやすくて、思いも伝えやすい!」ようです☺️

サッカーのプレーについて、具体的に話もでき。サッカー大好き少年の顔でいてくれるので、見てるだけで嬉しいです。

いつも、ありがとうございます!

ということを、R君のお母さんから言っていただきました。

嬉しいお言葉ありがとうございます。

当スタジオのサポートが、R君のケガの改善だけでなくサッカーのプレーがより良くなって、もっとサッカーを好きになるきっかけなっていれば嬉しいです。

 

R君のように、身体をスムーズに動かせるようになることで足にかかる負担も少なくなり痛みを感じることなくプレーできるようになるだけでなく、プレー中の動きも変化して今まで苦手だったプレーが改善されることも多くあります。

当スタジオに通っていただいている方からも、個別レッスンを重ねることで「足を痛いということがなくなった」「プレーしているときの姿勢や走り方が変わって動きがスムーズになった」というお声を数多くいただくので、

当初のR君と同じような悩みを抱えているのであれば、ログラルの個別レッスンが1つのきっかけになると思いますので是非スタジオにお越しください。

 

相良郁実

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。