【小学5年生】「今までよりも軽やかにプレーできるようになった」という小学5年生(11歳)T君の変化

お客様の変化

こんにちは。
大阪・四ツ橋 子どものサッカー専門パーソナルトレーニングLograr(ログラル)の相良です。

今回は、「今までよりも軽やかにプレーできるようになった」という、小学5年生(11歳)T君の変化の一例をご紹介します。

T君は約1年前に当スタジオのことを知っていただき、オンラインでのレッスンや出張個別レッスンを定期的に受けていただいております。

関東にお住まいということもあり頻繁に個別レッスンを受けられる訳ではないですが、現在は月2回のオンラインレッスン(1回60分×2回)で継続的にトレーニングしつつ、2ヶ月に1回くらいのペースで出張個別レッスンを受けていただいております。

 

T君は身体が大きい訳でもなく足がすごく速いということもないので、個別レッスンでは自分よりも大柄で足の速い選手に対しても一歩速く身体を入れられるようになるために必要な上半身を柔らかく使うトレーニングなどを積み重ねています。

この投稿2枚目の動画は、サッカーコーチから頂いたものですが、個別レッスンで積み重ねていたことがプレー中にもよく発揮されています。

 

  • ボールをもらったときに胸がスッと起きていて目線が上がっている
  • ボールをもらってから仕掛ける動きがスムーズ
  • 相手にぶつかられる前に胸を動かし肩をスッと抜いてスピードを落とすことなく突破ができている

 

ナイスプレーです。

当スタジオのことを知るまでは、身体が硬くストレッチが大嫌いだったそうですが今では自分からストレッチなどもするようになったそうでプレーでの変化も実感されています。

こちらがT君のお母さんから頂いた感想を一部抜粋したものです。

レッスンを継続して受けることで、身体の動かし方は自分の中に落とし込めてきたと感じます。

継続して身体を痛めることなくサッカーを楽しんでできていますし、身体全身を使った走りやディフェンスができるようになりプレーにキレが出ました。まだまだ伸び代はあると思いますが、身体の使い方でこんなにも体幹がしっかりして、軽やかにプレーできるようになるとは!と感動しています。

チームやスクールのコーチ達からも声をかけていただき、褒められる事があるので本人もすごく励みになりさらに相乗効果で気持ちも上がっています。

サッカーのプレーで変化したことは、姿勢が良くなり周りが見える事で落ち着いてプレーできるようになったのと、逆サイドへのパスや、間を抜けていくプレーの軽やかさが格段にアップしました。

相良コーチに教えていただいたストレッチや集中力をアップする動きを本人が意識して試合の前後、合間などにも取り入れて気持ちの入れ替えを行うようになりました。

サッカーのトレーニングと聞くとボールを使うイメージがほとんどでしたが、サガトレ(相良コーチのトレーニング)は身体の使い方、しかもサッカーに活かせる体の使い方なのでトレーニングしていくと本人がその重要性を理解できるようです。

決して得意な分野ではなかったけれど、本人がすすんでやると言っている事が全てを物語っていると思います。

嬉しいお言葉ありがとうございます。

個別レッスンを受けて成長できた部分があると実感していただけて嬉しい限りです。

ただ個別レッスンは1つのきっかけに過ぎず、サッカースクールでの練習や、スクールコーチからの指導、T君自身の努力とチャレンジ、保護者の方のサポートがこのような成長や変化につながっています。

 

身長の大きさや足の速さといった身体的な特徴がズバ抜けていなくても、身体の使い方や動きが変わっていくことでプレー中の姿勢が変わりボールを運ぶプレーや相手の前に入る動きがスムーズになったと変化を感じる子どもは多いです。

今までよりもボールを運ぶことや身体を入れる動きがスムーズになるだけでも、「もっとこんなプレーしてみたい」「こんなプレーにチャレンジしたい」というような子どもの可能性を広げることにつながります。

T君のようにプレー中も上半身を柔らかく動かせるようになりたいという方やサッカーのプレーで改善したい悩みがあるという方は是非一度ログラルの個別レッスンにお越しください。

 

トレーニングジムは毎週通わないといけないと思っている方も多いですが、当スタジオに通っている子どもは基本的に月1〜2回のペースで個別レッスンを受けることで身体の動きだけでなくプレーの変化を実感されています。

岡山、愛知、東京には毎月出張しておりますので、定期的に個別レッスンを受けたいという方は遠方にお住まいでも是非ご連絡下さい。

 

相良郁実

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。