【小学4年生】「ケガの復帰後になかなかプレーの感覚を取り戻すことができなかった」というT君(10歳)の初回レッスンの感想と変化の一例。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・四ツ橋 子どものサッカー専門パーソナルトレーニングLograr(ログラル)の相良です。

今回は、出張個別レッスンを受けていただいたT君(10歳)の初回レッスンの変化の一例と感想を紹介します。

 

T君は、

 「ケガをしにくい身体をつくりたい」

ということで初回レッスンにお越しくださいました。

 

というのも、T君は小学3年生のときにランニング中に足をひねり、足首の剥離骨折をしてサッカーを3ヶ月ほど休んでいたそうです。

そこから無事に復帰できたものの、復帰後はボールをいきなり蹴ることも怖く、いざボールを蹴り始めても空振りすることがあったり、思うように身体を動かすことができず、なかなかプレーしているときの感覚を取り戻すことができないと悩んでおられました。

そんなときに当スタジオのことを知っていただき、現在は毎月2回のオンラインレッスンを受けていただいております。

そして先日、毎月オンラインレッスンを受けて頂いているT君が、初めての出張個別レッスンを受けていただきました。

 

個別レッスン前には、

守備が出来るときもあるのですが、チームで前線からの守備も強化しているために、相手にスッと簡単に抜かれてしまうときがあって、

相手に抜かれた後も、後ろのプレイヤーに任せずに最後まで追いかけて、粘り強くディフェンスする事が出来ればいいなぁと思っています。

骨折前は守備を褒められることあったけど、今はそこが課題に感じています。

 

上体が起きているといえば、起きていますし、落ち着いてプレイをしていると言われますが、平凡なプレイからもう少し素早い動きも得られたらと思っています。

腕もしっかり使えてボールキープできるともっともっと視野が広がると思いますが、母親はサッカーど素人で、説得力も説明力もないので相良コーチからのアプローチがきっと分かりやすいと思っています。

復帰後は感覚が戻らず苦しんでいましたが、オンラインも凄く楽しく行っていて、怪我明けから本当に順調に感覚を取り戻せています。

9月(オンラインレッスンを受け始めて1ヶ月後)から感覚を取り戻してきたように思います。

一度直接息子とお話して、トレーニングしてほしいとずっと思っておりました。

ということを事前メールや当日のカウンセリングで話していただき、そこから個別レッスンを実施させていただきました。

 

毎月オンラインレッスンを受けているということも考慮して、初回レッスンでは対面でしかできないような対人トレーニングを主に実施させていただきました。

レッスン中は、身体の癖や動かし方などをチェックしながら、守備で相手からボールを奪う動きやドリブル突破の動きがよりスムーズにできるようになるためのトレーニングやストレッチなどを一緒に行い、

T君には、「背中や胸周りをもっと自由に動かせれば、守備でボールを奪う動きもドリブル突破する動きももっとスムーズになるよ」ということをサッカーの映像を見せながら、アドバイスさせていただきました。

 

 

初回レッスン後に、T君のお母さんからは、

毎月オンラインレッスンでお世話になっている相良コーチに自宅まで来ていただき、直接トレーニングをお願いしました😊

サッカーをすればするほど身体が歪んだり、かたくなる事を知ってから、サッカーをやり続けたいならストレッチや身体と向き合うトレーニングはきっと欠かせないだろうなと感じていました。そんな時に教えて頂いた相良コーチ。

自粛前に知って、私のたわいもない疑問を、DMで丁寧に分かりやすく色々お応えしてくれました。

 

この夏からオンラインを開始⭐️

ストレッチは毎日コツコツと続けてきています。相良コーチのレッスンのフィードバックを受けた後の試合の動きは凄くいい感じ。

先日は、左MF、左サイドを支配する場面も見られて、、本当に少しずつではありますが成長を感じています。

今の大きな課題はディフェンスなので、まだまだ身体をしなやかに、動かせるように、、

背中の硬さ、肩や胸の動きをスムーズにできるように、

トレーニング、、続けていきます🥰

怪我後かなり感覚を取り戻してきているから、ボールを奪えるまでもう少し!っとチームのコーチに言われています😊まだまだ成長が楽しみです!

今日明日からまた公式戦が始まります。

失敗して、またチャレンジの繰り返し☺️

相良コーチの温かさに感化されて、温かく見守って参ります🥰

実りのある、貴重なお時間をありがとうございました😊

というような感想をいただき、今後もオンラインレッスンを受けながら定期的に出張個別レッスンを受けれたらということを仰って頂きました。

またレッスン後の試合では、レッスンでお伝えした「相手の前にスッと身体を入れる動き」がスムーズにできているシーンもあり、動きの変化も実感されていました。

 

ケガの復帰後に苦しい時期を過ごしている時期から相談を受けていたので、少しずつ感覚を取り戻せてきていることやプレーの動きが良くなっていることを感じていただけて嬉しい限りです。

少しずつ感覚を取り戻せることができたのは、保護者の方の声かけやサポート、チームやスクールコーチの指導、T君自身ができることをコツコツと積み重ねた結果だと思いますが、オンラインや個別レッスンがT君の成長を後押しする良いきっかけになっていれば幸いです😊

 

この記事を読んでいるあなたも、「ケガから復帰して、なかなか思うような動きができていない」「ケガをしたことで自信がなくなっているように感じる」という悩みを抱えているのではないでしょうか?

 

実はレッスン前に、T君のお母さんから、

毎日頑張ってます。公式戦、少し苦い想いもしてます。悔しい時にこそ成長できるような子になってほしくて。

色々取り戻すのに、こんなに苦労するとは思いませんでしたが、相良コーチのインスタをみて色んな方の体験談が私の励みになっています。

うまく歯車が回らずに怒って帰る時も、相良コーチの投稿やストーリーからヒントや励ましを沢山頂いて、4月から過ごしてきました。

ということを事前連絡で言っていただきました。

復帰してからなかなか思うようなプレーができていないとき、子どもがスランプになったような状態でサッカーの話を積極的にしなくなったなど、何かに悩んでいる方がこのように記事を読むことで励みになっていれば嬉しく思いますし、今同じような悩みを抱えている方にこの記事が届くことを願っています。

そして、この記事を読んでいただいているあなたの周りに同じような悩みを抱えている方がいれば是非教えてあげて欲しいです。

何かに悩んでいるときや壁にぶつかっているときは決して悪い時期ではなく、これからもっとサッカー選手としての可能性を広げることができる「前向きな状態」なんだと思って欲しいです。

 

ログラルの個別レッスンでお伝えしているストレッチやトレーニングは、単に身体が柔らかくなることよりもサッカーのプレーの動きがスムーズになることを重視しております。

なので、個別レッスンを受けて頂いたお子さんがトレーニングやストレッチを通して身体をスムーズに動かせるようになることで、ボールを持ってプレ―しているときも身体が動かしやすくなりプレーの調子を早く取り戻すことができるようになります。

 

当初のT君のように、復帰後に感覚が戻らず悩んでいたり、ケガをしてからプレーが何か上手くいっておらず何から改善すればいいか分からないという方はログラルの個別レッスンが1つのきっかけになると思いますので是非スタジオまでお越しください。

 

相良郁実


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。