【小学4年生】「プレー中の動きがぎこちなく、ドリブルするときも焦って突破することができない」というY君の初回レッスンの変化の一例と感想。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・四ツ橋 子どものサッカー専門パーソナルトレーニングLograr(ログラル)の相良です。

 個別レッスンを受けていただいた小学4年生(10歳)Y君の初回レッスンの変化の一例と感想を紹介します。

 

Y君は、「プレー中の動きのぎこちない」ということに悩んでおられました。

詳しくお話を聞くと、プレー中に身体の動きが固く、

  • トラップをするときに焦ってうまくいかない
  • ドリブルがぎこちなく1対1で簡単に取られてしまう
  • 焦ると動きが読めずポジショニングがうまくいかない

ということでした。

 

また、1年前頃に足裏が痛なってから足の付け根やかかとも痛いと言うことが多くなったそうで、週1回整骨院に通っているものの10分くらいしか診てもらうことができず「本当に良くなっているのかなと疑問に思ってしまう」と話しておられました。

このような状態が続いていたということもあり、ずっと個別レッスンに興味があったそうですがスタジオまで行く勇気が出なかったそうです。

ですが、Y君が夏休みに入ってすぐのタイミングで個別レッスンを受けることで夏休みをより有意義に過ごせると思ったということで当スタジオまでお越しくださいました。

 

Y君の身体の状態は、足を上げるだけでも「足の付け根が痛い」と言っており足にかなり負担がかかっている状態でした。

身体の動かし方をチェックすると、背中が固くなって足の付け根が動かしづらくなり結果的にプレー全体の動きがぎこちなくなっている状態でした。

Y君は、しなやかさを身につけてドリブルの1対1で突破できるようになりたいと話していたので「上半身を自由に動かせるようになればこういうプレーができるよ」ということをサッカーの映像を見せながら、上半身の柔軟性を高めるトレーニングや身体の動かし方をスムーズにするトレーニングなどを行いました。

 

初回レッスン後には,

「足を上げても付け根が痛くない!」「足の痛みも治った!!」

と、少しオーバーに変化を実感されていました(笑)

治ったというのは言い過ぎですが、身体の動き自体も軽やかになっており上半身が自由に動くことで足もスムーズに動かせるようになることをY君自身が実感しており、側で見ていたY君のお母さんも変化に驚いていました。

 

Y君のお母さんからは、

「今日はありがとうございました。本人も楽しかったと言っており、あっというまの1時間でした。これからも身体を動かす楽しさを感じながら、サッカーのプレーにつながっていってくれると嬉しいです。」

というような感想をいただき、今後も定期的に通いたいということを仰って頂きました。

 

整骨院では本当に良くなっているのか分からないということを話していたので、身体の変化を感じていただけて何よりです。

上半身が自由に動かせるようになるとプレー中の動きのぎこちなさも改善していきますので、これからもコツコツ頑張っていきましょう。

 

この記事を読んでいる方も、お子さんのプレー中の動きのぎこちなさが気になっているのではないでしょうか?

上半身の動かし方が変わることで足をスムーズに動かせるようになってプレーしているときの動きのぎこちなさが改善されることや、足の痛みが軽減されることも多々ありますので、同じような悩みを抱えているという方は是非一度ログラルの個別レッスンにお越しください。

 

 

相良郁実

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。