【小学4年生】「身体のどこにも痛みが出ずにプレー出来ていること自体が、喜ばしい変化だと感じました。」というJ君(10歳)の変化。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・四ツ橋 子どものサッカー専門パーソナルトレーニングLograr(ログラル)の相良です。

今回は、関西在住 小学4年生(10歳)J君の変化の一例を紹介します。

(※写真は別の方です)

 

J君は、

「正しく身体を使えるようにして、故障がなくプレー出来るようになりたい」

ということで当スタジオまでお越しくださいました。

詳しくお話を聞くと、

約1年前の小学3年生のときに、サッカーの練習中や練習後に右足のかかとが痛くなり、この頃から整骨院に通うようになったそうです。

身体が硬く自己流でストレッチはしているものの、昨年かかとの痛み(シーバー)を経験し先月には膝が腫れたりと、どこかしらに痛みが出て、多いときは、月2、3回整骨院に通っているということでした。

現在も、太ももや腰が張ったり、サッカーの練習が終わって自宅に帰る車から降りたときにかかとが痛くなるなど、どこかしらが痛むという状態で、

「毎年何らかのケガをしているので、もう少し身体がうまく使えたらケガに悩まされることなくプレー出来るのかなと思い初回レッスンに申し込みました。」

と話しておられました。

 

身体の動かし方や柔軟性のチェックをすると、胸周りや背中などがあまり動かず足ばかりに負担が集中してしまう状態になっておりました。

疲労や負担が足に集中しやすい状態だと、疲労が溜まったときに足を痛める可能性が高くなるだけでなく、「こんなプレーをしたい」という動きを妨げる要因にもなるので、初回レッスンでは胸や背中周りを動かすトレーニングやストレッチなどを実施しました。

初回レッスン後に、「上半身が動くと足の負担を減らせるだけでなくプレーの幅も広がりますよ」とアドバイスさせていただき、

3週間に1回のペースでレッスンを来ていただけると痛みだけでなくプレーの変化も感じられるという旨をお伝えしたところ、「3週間に1回の個別レッスンのプランで定期的にトレーニングをお願いしたい」というご連絡いただき、そこからスタジオに通っていただいております。

 

初回レッスンから3週間後の2回目のレッスンでは、すでに身体の変化を実感されており、

J君自身の感じる変化

調子はまあまあ良いです!

(どういうとこが良くなっているのかと聞くと)

  • ドリブルからのシュートを決められている。
  • 両足のパススピードがちょっと上がってきた。
  • キープは前から得意だったけど、前よりボールを持てる時間が長くなっている。
  • プレスが早くなったのと、ボールに近づきすぎてミスをすることがなくなった。

お母さんの感じる変化

自宅で「痛い」と言わなくなりました。

前までは練習して車で帰るときに、車を降りたら足を引きずったりしてたんですけど今は全くない気がします。

強度の高い練習のときも結構足がしんどかったと思うんですけど「痛い」ということがなくなりました。

前まで月2~3回、予防的にいくとこと痛みが出たときに行っていた整骨院があるんですけど、ここに来てからは整骨院にも行かなくなりました☺️

夜の寝る前にマッサージをしてあげることはあるのですが、すごい筋肉が硬いとか、見るからに張っている、硬いなと思っていたのですが、パンパンに張っているということがなくなってきた気がします。

という変化を感じておられました。

また、2回目のレッスン後にはメールで、

本日もありがとうございました😊

今日、相良コーチに最近の様子をお伝えする時に、整骨院に頻繁に通っていた事が嘘のように、整骨院の存在を忘れていたということに驚きましたし、身体のどこにも痛みが出ずにプレー出来ていること自体が、喜ばしい変化だと感じました。

相良コーチの声かけが、前向きで、教え込むというより、息子に問いかけて、考える機会を与えて下さっているのが、私の勉強にもなるなぁと思って一緒に聞いています。

今回教わった事から、息子自身がどれをセレクトするのか、とりあえずは、我慢強く笑、見守りたいと思います。

車の中で、トレーニングが終わってから、本当に足が軽くなっていたと言っていました。

次回までの変化もとても楽しみです。
次回もよろしくお願い致します☺️

というような感想をいただきました。

嬉しいお言葉ありがとうございます。

ケガを繰り返していて毎月整骨院にお世話になっていたと聞いていたので、身体の痛みが改善されてきている変化を実感していただけて何よりです。

このようなポジティブな変化を実感されたのは、保護者の方のサポートとJ君自身が自宅でコツコツトレーニングをしていたからこそだと思いますが、痛みが改善されるきっかけになれて嬉しく思います。

 

かかとの痛みや膝の痛みがあるという相談を受けることはよくありますが、ケガは負担が集中しているところに起こるので、身体の動かし方や身体の使い方を見直し、身体全体をスムーズに動かせるようになることで、足にかかっていた負担が分散されて足の痛みを感じることなくプレーできるようになります。

この記事を読んでいる方も、お子さんが足に痛みがあり思うようにプレーできない、練習後に足が痛いと言う回数が増えたというようなことで悩んでいないでしょうか。

 

J君のように、足の痛みがあり毎月整骨院に通っているというお子さんでも身体の動かし方が少し変わることで、足をスムーズに動かせるようになって、ケガだけでなくプレー中の動きも変化していくことも多々あります。

当初のJ君と同じように、足の痛みがあり毎月整骨院に通っているという方やサッカーの練習後に「足が痛い」という回数が増えて悩んでいるという方はログラルの個別レッスンが1つのきっかけになると思いますので是非スタジオまでお越しください。

身体が硬くストレッチが苦手という子どもでも、個々のレベルに合わせたレッスンを行っておりますので是非お問合せください。

 

相良郁実

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。